2014年10月21日

オリジナルホースハイドとボストンバッグ『Henry』

こんばんはicon23
そして初めましてface02
Honey Hills神戸本店の新人スタッフになります。
7月にオープンしました、当店ですが今月中は土曜日日曜日祝日のみのオープンとなります。
平日にご来店いただいているお客様も多数いらっしゃるとのことで、ご迷惑をおかけいたしますが、よりよい店舗造りのため、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

さて、Honey Hills神戸本店は皮革メーカー・皮革商社である姫路レザー有限会社ですが、オリジナル皮革素材の仕様や取扱いアイテムは日本経年変化協会が企画プロデュースしております。社長から、商品や皮革素材で分からない事があると日本経年変化協会の会長さんに質問するように言われているので、時折会長さんがフラぁ~と立ち寄られた際に質問攻撃icon09させて頂いております(笑)。今回も質問したいことがあったので、会長さんに質問攻撃hand01(笑)。


なぜ、フルタンニンのホースレザー(馬革)をオリジナル仕様で製作したのですか?
私達が入社した姫路レザー有限会社は世界の有名タンナーの皮革素材を取り扱う商社事業と、オリジナル皮革を製作するメーカー事業があります。オリジナル皮革素材と言えば、最近多くのお問い合わせを頂くアルコタンニンレザーkirakiraです。入社研修では取扱皮革素材の商品説明がありますが、ずっと気になっていたもの。それがオリジナル皮革素材である『Honey Horse Leather』と言われるホースハイド(馬革)。脱クロム製法と精製されるアルコタンニンレザーと異なって『Honey Horse Leather』は通常のフルタンニンレザーの馬革。「何でこれだけ?フルタンニン?」とずっと疑問に思っていました。
会長さんに企画・製作の意図を質問してみました。


国産の馬革はヨーロッパ産原皮で姫路がシェア90%以上の事実
よく、鞄や靴メーカーの商品説明見ると馬革って高級で、拘ってるところはヨーロッパの原皮使ってるとか書いてあります。会長さんが言うには
「国産の馬革はヨーロッパ産の原皮は当たり前出し、馬革のタンナーは9割以上が姫路やで、姫路レザー有限会社は姫路の会社なら馬革扱うんは基本やろ?馬革言うことは素材作ってるのは姫路市ちゅーこっちゃ。」
とのこと。
なるほどですぅ~face06
で、馬革を扱う理由は分かりましたが、なぜ馬革も脱クロしないでフルタンニンなんです??
馬革は傷が多く、薄い。だから脱クロム製法と言うハイブリッド鞣しはしない。だそうです。

で、『Honey Horse Leather』は研修では馬革の最高品質の原皮をつかていると教えて頂きましたが、スタッフの私から見て傷が牛革より多いように思えました。
馬革の『Honey Horse Leather』は写真のように傷もところどころ、ありますし色ムラもあります。会長さん曰く、
「馬革の原皮が最高品質だからあえて、この仕上げにしている。」
と言うんですface08


馬革の特徴を考えると『Honey Horse Leather』の仕上げに納得しました。
「お前、めっちゃ質問するな(笑)!!皮革メーカーの人間やったら知っとくべきかぁ~?」
と会長さん説明してくれました。まずはホースハイド(馬革)の長所と短所は?と逆に質問されました。
えぇと・・・。漠然と困りますicon11。ざっくり説明すると

【馬革の特徴・長所】
柔らかく、滑らかで軽い

【馬革の短所】
・牛革と比較して傷が多い。
・牛革と比較して強度が落ちる。
・昔は家畜で馬が多かったが、今は牛が食用で多いので、馬は品質以上に希少価値って意味で価格が上がった。

です。市場末端販売価格は牛革の価格と馬革の価格は同じぐらいですが、当店Honey Hills神戸本店ではアルコタンニンレザー
100円/dsですが、『Honey Horse Leather』は75円/dsと少し安価になっています。会長さん。
「い~とこ気づいたねぇ~。」
と理由は分かりませんが、褒めて頂きましたface03。教えて頂き分かりました。納得できました。

馬革は傷が多いと言う欠点があります。これは馬は牛に比べて気性も荒く、運動量が多いため、傷が多いようです。それで傷が目立たないように、あれこれ加工するそうです。一般的に馬革で多い加工が
・着色は染色ではなく、顔料(染めるのではなく、表面を厚化粧する)。
・オイルド加工やパラフィン加工。(オイルで傷を隠したり、蝋で加工する。)

本当に最高品質の原皮やったら、そんな加工する必要あるかな?ってとこらしいです。それで色々加工するので当然加工の為の費用が発生して、牛革と価格が変わらないことが多いそうです。
「刺し身で食べたら一番美味しいの分かってて味噌漬けとか西京漬けにせ~へんやろ?」
と分かるような分からないような例えまでありました(笑)icon11
『Honey Horse Leather』は馬が元来ある傷をそのまま見せている。だけど、それ以上に傷が無い馬革にしては上質な原皮である証拠だと言われました。オイルやパラフィンで加工しなくても十分馬革の元来の革らしさを味わえるようにあえて染色で傷も隠していないそうです。革を使い込んで馴染んだ状態でその傷や色ムラも風合いになる経年変化を考慮してクロムを一切含めないフルタンニン鞣しに拘ったそうです。余計な加工を一切加えていないので、少し安価に販売できるそうです。

拘りを聞いて私は凄く『Honey Horse Leather』が大好きになりました。
そんな『Honey Horse Leather』を採用しているアイテムがこちら。


馬革の特性を最大限に活かすことを考えぬいたボストンバッグ『Henry』
Boston Bag 『Henry』:¥60.000+tax
企画:日本経年変化協会
製作:椎名健
販売:Honey Hills神戸本店


これは日本経年変化協会の会長さんが当店の社長の趣味のゴルフや一泊二日の出張で使えるように企画プロデュースされたボストンバッグです。スポーツボストンバッグでありながら、ヴィンテージ感漂うフォルムです。映画『インディージョーンズ』の主人公インディアナ・ジョーンズの父親のヘンリー・ジョーンズが持っていた鞄をイマージュしたそうで『Henry』と名付けられました。
鞄本体の素材は先ほどご紹介した馬革の『Honey Horse Leather』を採用。そして補強パーツには強度のある牛革でかつ、オリジナル皮革素材のアルコタンニンレザーのラインナップであるアルコ・ベーシック(2mm厚・キャメル)を採用しています。

第一の特徴が「軽い!!」。
そして馬革のしなやかさと言うか柔らかさがとても独特。
余計な加工を一切加えおらず革本来の魅力だけを魅せる仕上げに徹した『Honey Horse Leather』
一糸乱れる統制の取れた美しいステッチワークは鞄職人椎名健氏の技術の高さ感じます。これぞジャパン・クオリティー。
馬革の欠点である強度不足は、堅牢な牛革で補強しています。
以前会長さんは馬革だけの鞄を企画したことがあるそうで、荷物を入れるとどうしても馬革の伸びがあったそうで、今回はそれを補うための補強でもあるそうです。
ジッパーは色々迷ったそうですが、日常的にもっとも強度が高く、かつ滑らかな滑りを兼ね備えているYKKのスーパーエクセラのダブルジッパーを採用しています。WALDESとか考えたそうですが、なれない人には大変だと言う理由で万人が使えることを優先させた結果だそうです。本当にスムーズに鞄の開閉が可能です。
鞄を開けるとこのような感じ。
本体の両サイドにポケットがあります。片方のポケットは区割りがされており、ペンなどの筆記用具が収納できるように設計されています。本当は予算を抑えるために、革の床面処理でライニングをしないでおくことも考えたそうですが、床面処理しても長く使うとモロモロしてくると言う理由でライニングに麻製の生地を採用したそうです。(企画って色々考えるんですねicon11
アルコタンニンレザーを採用していると言うことでブランドはArco Crafts名義になっています。

henry
お色はキャメルとチョコの2色展開です。
在庫はすこ~しだけありますので、馬革の本来の質感を是非ご堪能いただければと思います。


Honey Hills 神戸本店の営業は終了しました。

引き続き下記のHPにて販売を行っていますので宜しくお願いします。

Honey Hills 公式HP   http://www.honeyhills.jp/
Honey Hills 通販HP   http://honeyhills.theshop.jp/ 

姫路レザー有限会社  
TEL 079-299-3888
営業時間 AM9:30~PM5:30
定休日 土日祝日 



同じカテゴリー(取り扱い製品情報)の記事画像
Made in Japanらしいモノづくり
夏場の服装のアクセントに!
夏でも穿けるブッシュパンツ
収納力抜群の専用ケース!
店舗でも少量ですが取り扱います。
梅雨の大敵からレザーを守ろう
同じカテゴリー(取り扱い製品情報)の記事
 Made in Japanらしいモノづくり (2015-06-21 10:38)
 夏場の服装のアクセントに! (2015-06-20 11:00)
 夏でも穿けるブッシュパンツ (2015-06-19 11:00)
 収納力抜群の専用ケース! (2015-06-18 11:00)
 店舗でも少量ですが取り扱います。 (2015-06-14 12:28)
 梅雨の大敵からレザーを守ろう (2015-06-13 16:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。